スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

野田トレーニングセンター

これまで取材のチャンスも少なくて浦和競馬のことを紹介する機会がなかったのですが、今開催の浦和競馬では急きょ代打トラックマンを務めることになり、浦和競馬の野田トレーニングセンターを徘徊してまいりました。

数日間の滞在中に見た野田トレセンの風景です。

0906urawa-iriguchi.jpg
浦和競馬場から車で30分ほど走ったさいたま市緑区に浦和競馬野田トレーニングセンターはあります。

0906urawa-chokyo.jpg
この日は浦和前なので左回りですが、中間は火曜、木曜が右回りになります。

0906urawa-baba1.jpg
一周は1050m。

0906urawa-baba2.jpg
これは2コーナーから見た走路。
調教タイムを計測するゴール地点が向正面というトラックマン泣かせのコースです。

0906urawa-baba.jpg
片側がつぶれた楕円形のためキツ目のカープ。

0906urawa-hodou.jpg
木漏れ日が差すなか厩舎から調教馬場へとやって来ます。

0906urawa-kyushagun.jpg
厩舎群。

0906urawa-kyusha.jpg
調教を終えた馬たちが気持ちよさそうに手入れされていますよ。

0906urawa-kokubokyusha.jpg
リーディングトップをいく小久保厩舎。

0906urawa-kokubo.jpg
乗り運動の様子を撮ろうと思ったら、なんと、馬上にいるのは小久保調教師でした!

0906urawa-tanbo.jpg
トレセンの向こうには田んぼが広がっています。

0906urawa-hirayama.jpg
南関東の紅一点、平山真希ジョッキー。
彼女は朝2時から休むことなく13頭ほどの調教に乗りっぱなし。
この時もう8時半を過ぎていたんですがあともう一頭!といって走って馬を迎えにいきました。
一生懸命な姿に頭が下がります。


浦和競馬の牧歌的な雰囲気にすっかりはまりそうです。
以上、野田トレセンレポ第一弾でした。





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nakagawaakemi.blog89.fc2.com/tb.php/78-2f81c096




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。