スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

不測の事態が起きたとき

前にも書きましたがわたしはプロレスファンでして(*^_^*)

「競馬ファンとプロレスファンは層が似ている」

という分析をされた某広報の方の話を以前書いたことがあると思うのですが、その中でもまた異質というか、「ドラゴンゲート」の会場は女性ファンが5割を閉めている状態で別格です。

リング上を跳んだりはねたりするメキシコのルチャに端を発しているプロレス団体で、小柄ながらムキムキ、テカテカのイケ面揃い。
軍団(ユニット)抗争がストーリー?の中心でして、選手の皆さん、自分のキャラに徹しているので、甚だライダーショーを見ているような妙な安心感があります。
(ほんのたまに流血シーンもありますけど)。

「強いプロレス」というより「魅せるプロレス」。
そのへんが固定ファンや女性ファンをがっちり掴んでいる理由だと思われます。

080811dragongate.jpg

月曜日の大井競馬では競馬とプロレスのコラボ「ドラゴンゲート祭り」が行われました。
内馬場にリングが組まれて5、6レース終了後に2試合。
1試合目はお笑いプロレス、2試合目はアクロバティックな技の連続でドラゲーの旨み凝縮といった内容でした。

試合会場にはドラゲー目当てに初めて大井競馬場に足を踏み入れたらしきファンの姿が。
会場でお目にかかる常連顔も多数見かけました。

というのも、9日の後楽園ホールにもつい行ってしまったからなんですが、チケットと一緒に大井競馬の無料入場券を渡されるなどドラゲーサイドもあちこちで大井競馬をアピール。

しかし、この日の興行では不測の事態が・・・。
080811dragongate1.jpg

第1試合中にコーナーポストが傾きはじめ、ロープがゆらゆら。
あり得ないことに、なんと、リングが壊れてしまったのです。

超満員の後楽園ホールはざわつきましたが、速やかに状況説明が行われ、何が起きたのかキョトンとしているファンに結論を委ねました。

「ファンの皆さんが許してくれるならノーリングマッチで行いたいと思いますがいかがでしょうか!!」

満場の拍手。
選手全員が登場して頭を下げられちゃ、ファンもノーとは言えません。
殺到するファンも見受けられませんでした。

このあとは約30分のリング解体ショー。
ファンの前でみるみるバラされていくリング。
選手たちが総出で運び出していきます。

そして後楽園ホールでは前代未聞のリングのない試合が再開されたのです。
ここまですべてをさらけ出されるとむしろすがすがしいというか、その後の6試合はドッカンドッカンと大盛り上がり。
不思議な一体感がありました。

全試合終了後は選手ほぼ全員が出口に並び送り出し。

ゴツンゴツン床を打つ音が響いたほどですから選手のダメージも大きかったでしょうが最後まで徹したファンサービス。
試合そのものも面白かったんですが、不測の事態を前にした迅速な対応がじつにお見事で、すっかりピンチをチャンスに変えてしまった感があります。

仕事的に、そして川崎競馬倶楽部ではイベント事も多く抱えている立場として、「あっぱれ、ドラゴンゲート」と感心しながら帰路につきました。

すぐさま新しいリングを用意し翌日は浜松で、そして翌々日は大井競馬で、とタフに興行をつづけるドラゴンゲートからヒントをもらったような気がしています。





管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/08/18 23:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nakagawaakemi.blog89.fc2.com/tb.php/73-e6998ec4




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。