スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏の窓から

朝からとろけそうな気温31度の大井競馬場。
厩舎取材を終えて記者席でまったり涼んでいる頃、目に飛び込んでくる光景があります。
すでに調教時間は終了して馬場にはもう馬の姿はありません。

太陽は燦々。
そこにポツンと現れる人影。

右手にカマ。
左手には麻袋。
中腰の姿勢になってしゃかしゃかとカマを動かしています。
刈った青草を袋いっぱいに詰めていきます。


「暑くてたまらないけど、こういう時期こそ馬の腹があがっちゃうからたっぷり青草を食べさせてあげたいんだ・・・」

愛にあふれた言葉にジーン。

早朝から運動して、調教して、手入れして。
厩舎地区がしんと静まる休息タイムの時間帯。
もちろん残業手当がつく訳もありません。

担当馬へのいたわりが深いんだなぁ~と窓ごしに見ながら、

「ふむふむ。こういう厩務員さんに担当された馬は幸せだな~。たとえ買った馬券が、つけた予想印が、外れてしまおうと諦めがつくってもんだな~」

と妙に納得しつつ、ニヤニヤながめています。

ついつい印も贔屓目になりがち!?

炎天下の中でも青草刈りをしている方は何人かいるのですが特によく見かける厩務員さんはこの2人。
(ズームの限界にて豆粒画像ばかりですいません)

赤嶺厩舎の菊地さん。
080712kikuchi.jpg


担当馬はスマイルタッチとケイアイプラネット。
ケイアイプラネットは「暑さに応えたからひと息入れて秋から立て直し!」ということで休養に出ましたが、スマイルタッチは大井初日に出走。

「あと一歩、あとほんのちょっと足りないんだけど、ほんとバテずに頑張ってくれてる」と馬体が減らないようにとフレッシュな青草にこだわって与えているそうです。


そして栗田知厩舎の吉田さん。
こちらはあの稀代のきかん坊ユートカイザーを一流馬に仕上げた腕達者。
現在は息子ユートマークスを担当しています。
070812yoshida.jpg


画像ではわかりにくいですが、こうした日々の作業で真っ黒に日焼けした笑顔がとっても眩しい。
馬LOVE魂がビンビン伝わってきます。


大井競馬における青草のスペシャリストといえば高橋三郎調教師。

大井競馬場内に限らず、いい青草が生えてると聞けば多摩川だろうが京浜島だろうが刈りに行きます。

高橋三郎厩舎では作業を終えたスタッフの皆さんが総出でこうして馬場内に並ぶ姿もおなじみです。
070812takahashikyusha.jpg

「やわらかいクローバーが一番! 売っている草もあるが、青々した新芽の部分はこうでもしないとなかなか手に入らない。一番栄養があるからね」

なるほど。含蓄ありますな。


また、馬場に目を向けるとこちらにも人影が。

070812andoyoichi.jpg


アンヨウこと、騎手見習いの安藤洋一くんです。
当コラムに何度も登場いただいてるアンミツJrでありますが、開催が近づくとアンヨウくんがまたがる調教数が減ります。
騎手自身が追い切りをかけるケースが増えるからなんですが、体重調整のためにこうして走っているそうです(カッパを着て!)。

未来のスター候補もなかなか過酷なんですね(^^;)

スマイルタッチがんばりましたね!!!
ありがとうございました。
[ 2007/08/12 23:57 ] [ 編集 ]

中川さんも暑いけどがんばってください
ずっと以前からファンです
[ 2007/08/13 00:53 ] [ 編集 ]

スマイルタッチ本当きたね。このブログなにげに馬券に役立ててます。
ユートマークスも狙ってみるか。
[ 2007/08/13 11:45 ] [ 編集 ]

ユートマークス本当にきておどろいています。
[ 2007/08/14 22:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nakagawaakemi.blog89.fc2.com/tb.php/46-4baab144




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。