スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

流行? 大井の厩舎は個性派揃い

大井競馬の厩舎はモノレールの下から大まかに3ブロックに分かれ群在しています。そのほか走路の向正面に広がる通称・海岸厩舎があって合わせて本場といいます。
そして千葉県印西市には小林分場が。

今日は本場の話になりますが、ここ数年の間にずいぶんカラフル化しています。
スタッフがみんなでペイントするケースがほとんどですが、通路に面した入り口や馬房の外面などそれぞれ厩舎カラーなどに彩られてとっても綺麗です。

その中の一部を紹介していきましょう。

先駆けとなったのは高橋三郎厩舎。
070521takahashikyusha.jpg


向かいにある阪本一栄厩舎は厩舎カラーの黄色。
070521sakamotokyusha.jpg



栗田裕光厩舎。お花のアーチは手作りだそうです。
070521kuritahirokyusha.jpg


シンボルマークが印象的な嶋田幸晴厩舎。
070521shimadakyusha.jpg



紫と黄色は騎手時代の勝負服から。朝倉実厩舎。
070521asakurakyusha.jpg



迷彩模様の超個性派! 井上弘之厩舎。
070521inouekyusha.jpg



白いアーチがおしゃれな月岡健二厩舎。
070521tsukiokakyusha.jpg



お花がいっぱい田中康弘厩舎。二枚目の写真はベランダ~きれい☆。
070521tanakakyusha1.jpg

070521tanakakyusha3.jpg



新進気鋭の澤佳宏厩舎は屋根まで全面ペイント。
070521sawakyusha.jpg



年末に開業した鷹見浩厩舎は着々と勝負服カラーに。
070521takamikyusha.jpg



キョロキョロと厩舎を歩くのが楽しくなりますね。





管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/05/21 20:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nakagawaakemi.blog89.fc2.com/tb.php/21-ecb2c769




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。