スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

故郷を応援するチャリティー展

小川です。今回は、福島県相馬市出身の画家が、故郷の人々を絵で応援するチャリティー展を紹介します。

 福島県相馬市出身の画家で、現在は埼玉県入間市在住の斎藤輝昭さん(70)が、故郷を応援するため、福島県相馬市の重要無形文化財の「相馬野馬追」を描いたチャリティー展を、狭山市にて開催しています。

 20120911 sayama mugi 2 斎藤輝昭さん(右)と奥様の絢子さん(左)

 斎藤さんは、福島県立相馬高校を卒業後、武蔵野美術大学に進学し、1970年に渡仏。15年間、抽象画家として活躍後、1985年に帰国。帰国後は、入間市、狭山市で絵画教室を開く傍ら、創作活動を続けています。主な作品は、帝国ホテルの水彩画や日本中央競馬会(JRA)の「馬の絵展」のほか、アジア国際美術展奨励賞など、数々の賞を受賞しています。

 今回の展示作品は、油彩で「相馬野馬追」の様々な様子を描いた25点を展示しており、昨年12月からの創作作品を中心に、過去の作品も合わせて展示しています。

 20120911 sayama mugi 3 20120911 sayama mugi 4 ギャラリーの様子

主な作品たち

 20120911 sayama mugi 17 20120911 sayama mugi 18 20120911 sayama mugi 11 20120911 sayama mugi 12
 20120911 sayama mugi 14 20120911 sayama mugi 15 20120911 sayama mugi 16

 20120911 sayama mugi 19 中には、鉛筆のみを使用したデッサン作品も

チャリティー展を開催するにあたり、斎藤さんから見所をお聞きしました。

 「野馬追は勇猛果敢なもの。絵を通じて、祭りの雰囲気、馬の躍動感、馬の持つ生命力、人馬一体の様子などを感じ取ってほしい。自分にできることは、絵を描いて故郷の人々を励ますことです。」

 チャリティー展は、斎藤さんの一番弟子の栗原梅次さん(58)が経営する「ギャラリー麦」にて開催中。入場は無料。詳細は下記の通りです。お近くにお住まいの方や興味のある方は、ぜひご来場ください。

 20120911 sayama mugi 1 ギャラリー「麦」

 20120911 sayama mugi 7 20120911 sayama mugi 5 

 20120911 sayama mugi 8 20120911 sayama mugi 9 紹介された新聞記事


チャリティー展 「相馬野馬追」を描く 斉藤輝昭展 詳細

 開催日:9月6日 ~ 9月16日(9月10日は定休日)

 開館時間:10時 ~ 18時(最終日は17時閉館)

 入場料:無料

会場 及び 問い合わせ先

 ギャラリー「麦」 埼玉県狭山市新狭山2-9-11 TEl:04-2954-7778

 最寄り駅:西武新宿線 新狭山駅北口 徒歩2分

 駐車場:4台(満車の場合は、お近くのコインパーキングにお停めください)

 地図:コチラをご参照ください。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nakagawaakemi.blog89.fc2.com/tb.php/121-5d954f8f




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。