スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

元気です、ビッグドン

小川です。すっかりご無沙汰していて、申し訳ありません。今回は、昨年引退したビッグドンについて取り上げます。

  bigdon 2010.4 kanazawa 2010年4月 金沢・スプリングカップ

 2002年にJRAでデビューし、2006年に金沢競馬に移籍したビッグドン。金沢移籍後は重賞戦線を賑わし、2006年と2007年には2年連続で金沢競馬年度代表馬に輝くなど大活躍。2011年の6月に引退するまで、金沢競馬で長きにわたり第一線で活躍しました。

 2011年6月の百万石賞を最後に引退したビッグドンですが、引退後は、岡山県にあるグレースライディングクラブへ移動。ディープサマー、アンドゥオールらとともに余生を過ごしていましたが、現在は競技馬として修行中のため、岡山県にある岡山乗馬倶楽部で猛練習に励んでいます。

  bigdon 2012.2.25 okayama 岡山乗馬倶楽部でのビッグドン

 引退後のビッグドンについて、グレースライディングクラブさん、岡山乗馬倶楽部さんから、それぞれ近況を聞いてきました。


グレースライディングクラブさんのコメント

 「来た当初は、競馬から上がってきたばかりということもあり、落ち着かない様子でしたが、来て2週間を過ぎたあたりからから環境に慣れてきたかなと感じました。乗馬の練習を始めたのも、この頃からですね。その後は、は乗馬の勉強を積み2ヶ月目にはジュニア会員さんを乗せてレッスンができるようになりました。いざレッスンとなると、だんだんと加速し、操縦不能に。それでもリズムに乗り、最後まで乗ったジュニア会員さんに感想を聞いたところ、『加速がついた時は恐かったじけど、なかなかのものだった。』と感動していました。その様子をみて、競走馬としての片鱗を感じましたね。また、環境に慣れてからはお茶目な一面も見せ、顔を洗っているいる時の表情は、アンドゥオールに負けないほど、顔芸に優れています。性格も穏やかになり、元気いっぱい!会員さんからも、『可愛い!』と人気者です。」


岡山乗馬倶楽部担当インストラクター 岸野さんのコメント

 「競技馬の修行のため、今はウォーキングマシンでの練習と飛越の練習をしていますが、練習中は真面目ですね。マシンでの練習ではマシン速度に追いついてしまうため、先端のゴムに鼻を当ててしまいます。追いついても前に前に進もうとするので、鼻が黒くなってしまうんです。馬房で見た時に鼻面が黒かったのはそのためです。飛越練習では、110cmの障害を飛越できるようになりました。競技馬としてデビューできるのも、そう遠くないと思います。練習していて、センスがよくて賢い馬だと感じました。金沢での活躍を聞くと納得ですね。競技馬としても、もちろん期待しています。楽しみですね。」

 引退から8ヶ月が経ちますが、元気いっぱいのビッグドン。競技馬としても現役時代同様、長きにわたり第一線で活躍してほしいですね。
スポンサーサイト
[ 2012/03/04 23:10 ] 小川慎介のフォトレポート | TB(0) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。