スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

初夏の大一番 金沢・百万石賞

小川です。

 金沢競馬所属の古馬たちにとって、シーズン開幕後、最初の大一番となるのが、毎年6月に行われる百万石賞。秋の白山大賞典と北国王冠、冬の中日杯とともに、「金沢競馬4大競走」として位置づけられている伝統の一戦です。過去の優勝馬には、トラベラー、トゥインチアズ、ホシオー、テンリットルなど、金沢競馬を代表する馬たちが名を連ねています。

 今シーズンの金沢競馬の古馬戦線は、抜けた存在がおらず混戦模様。さらには4月、当地生え抜きの看板馬で一昨年の金沢競馬年度代表馬ノーブルシーズが故障のため引退。混戦ムードの中、今年は11頭立ての百万石賞となりました。百万石賞は過去4年、1・1・6・2着と好成績の古豪ビッグドン。抜群の安定感で、昨年の年度代表馬に輝いたナムラグローリー。大井から転入後3戦、3・2・1着と調子を上げ、百万石賞に挑むコーワキング。下級条件から着実に力を付け、オープンクラスへ上がってきたネヴァデザートとバチェラー。
100625ogawa1.jpg
 古豪健在、ビッグドン  
100625ogawa2.jpg
安定感は抜群、ナムラグローリー
100625ogawa3.jpg
 大井から転入4戦目、コーワキング

 中でも最も注目を浴びたのが、中央から転入後、10戦10勝でオープン初挑戦となる4歳馬ジャングルスマイル。果たしてどんなレースをするのか?古豪vs上がり馬、金沢競馬№1を決めるのにふさわしい一戦となりました。
100625ogawa4.jpg 100625ogawa5.jpg
 期待の新星、ジャングルスマイル

 1コーナーのポケットから発走する金沢の2300m戦。先行したのはケイアイダイコクとコーワキングの松野厩舎勢。以下、バチェラー、ジャングルスマイルが先行集団を形成。ナムラグローリーは中団に控え、前を見ながらといった形でレースを進め、ネヴァデザートは最後方からの競馬。ビッグドンはいつものように最後方から終いの脚に賭けます。レースが動いたのは2周目の向正面から。ジャングルスマイルが前を行く2頭に並びかけると、まずケイアイダイコクが脱落。中団にいたナムラグローリーも動き出すが、その差は詰まらない。ビッグドンは徐々に進出を開始し、4コーナーでは4番手に浮上。ジャングルスマイルに離されまいと、コーワキングとバチェラーも必死に食らい付いていくが、それも3コーナーまで。4コーナーで先頭に立つと、直線は後続を離す一方のジャングルスマイル。終わってみれば、2着のビッグドンに7馬身もの差をつけてのゴール。勝ちタイム2.31.0は、過去10年の百万石賞で3番目に早い時計でした。

100625ogawa6.jpg
100625ogawa7.jpg
100625ogawa8.jpg
 最後の直線は独走となったジャングルスマイル

 勝ったジャングルスマイルは、父ジャングルポケット、母サトルスマイル(母の父バブルガムフェロー)という血統。母サトルスマイルは、2001年の有馬記念などを制したマンハッタンカフェの妹という良血馬でもあります。中央から転入後、無傷の11連勝で初重賞制覇を飾ったジャングルスマイル。金沢競馬の看板馬として、今後の活躍が期待されます。

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。