スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

的場文男ジョッキー復帰!

おかえりなさい。的場騎手。

2月16日浦和競馬7Rで騎乗する際に左脇腹を蹴られ重傷を負った的場文男騎手が明日4月16日の大井開催から復帰することになりました。

左下部肋骨の骨折ならびに左脾臓と左腎臓からの出血という診断。

「内臓から出血がひどいらしい」

「いや、思ったより軽傷で早く帰りたいと本人が言っているそうだ」

病院が浦和とあって、大井関係者の間でもさまざまな憶測が飛び交っていたので心配はつのるばかり。
甥っ子の的場直之騎手の口から「まもなく退院できそう」と3月中旬に聞いてホッとしていたところでした。

それからリハビリするとして、復帰は初夏だろうなぁ~と勝手に想像をめぐらせていたのですが何のその。
わずか2ヶ月での復帰です(*_*)


思えばちょうど2年前。
2005年3月10日第6競走の3コーナー過ぎでラチに激突。
その時は口内を負傷をして歯を6本失う大怪我だったにもかかわらず約2ヶ月後の5月8日には騎乗再開しましたもんね・・


うーん。すごい。
不死身。
いや、執念というべきでしょうか。

今朝もわたしの顔を見るなり、「初日の新聞持ってる?」とやる気満々。
調教の合間にしばしお話していたんですが、「体調はまだ八分ってとこかな。乗ろうと思ったらボコーっと蹴られてね。ずいぶん痛い想いをしたよ。翌日に出血が止まってくれたから助かった。そうでなければ手術するしかなかったからね」と何ごともなかったように笑っていました。

5000勝ジョッキーのプロ根性は半端じゃありませんな!




スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。